【企画・集客・改善】今話題のグロースハックとは?海外事例 3選

グロースハックの意味とは?

グロースハック(GrowthHacking)とは、現代的・典型的なマーケティング手法を使いサービスを成長、宣伝する手段のことを指します。マーケティング、エンジニアリング、マネージングの知識を活かし、最適なサービスの成長を促します。

Lalmch / Pixabay

グロースハックの歴史

ショーンエリス氏は多くのインターネット企業のグロースに関わりました。ショーン氏はマーケティングの中で新しいのシステム、プロセス、そして考え方を設定しました。彼のマーケティング手法は典型的なものではありませんでした。大きな視点を持つ過去のマーケティング手法とは違いスタートアップ企業に必要んなのは、成長だと語りました。グロースハッカーはマーケティンターとは異なり、組織全体と、サービスの成長を期待する仕事です。

グロースハックの事例

過去に行われた、グロースハックの手法にはこんなものがあります。

事例1: Airbnb

AirBnBは部屋や家を個人が個人へ貸し出すことができるCtoCサービスです。

AirBnBはユーザーを増やす方法として

■ 物件の写真をプロのカメラマンに依頼することで、ユーザー数の獲得に成功しました。

■ Craigslist(クレイグリスト)と連携し、自社サイトに投稿した物件を、自動的に別のサイトにも投稿する仕組みを作りました。

事例3: DropBox

DropBoxはパソコンのデータをクラウドへ保存できるサービスです。

■ 登録フォームの最適化や画面の遷移などをABテストを氏、コンバージョン率の改善を行いました。

■ リファラマーケティングとして、友達に紹介すると無料で保存できるデータの量をプレゼントするという手法を行いました

 

事例2: Uber

Uberは個人がタクシーと同じことをアプリ上で行うことができるサービスです。

■ サービスのはじめは「Black Car」と呼ばれるプロのドライバーが運転する黒塗りのリムジン車両だけでした。そのサービスにポジティブな口コミが広がったタイミングで現在のサービスへ移行していきました。

■ アプリ利用時にできるだけユーザーが少ないタップ数で必要な機能にアクセスできるよう、ユーザーエクスペディエンスの最大化を行ってます。

グロースハックの方法

mohamed_hassan / Pixabay

利用ユーザー・希望ユーザーを分析し、最高の体験を提供することです。

ユーザを分析し、ムーブメントやユーザーがインタラクティブに参加する広告を提供したり、サービス内で提供する時の、動作や見た目の改善を行っていく必要があります。

またそれらの数値を取得したり提供する「技術」の目線も必要になります。

最新のテクノロジーの中でユーザーを集める仕組みと、ユーザーへ最高の体験を提供する必要性があります。

グロースハックの未来

従来の広告の仕組みも大きく変わりだし、顧客を集める方法も多くなりました。ソーシャルマーケティングや、インタラクティブな広告など、若者に広がるマーケティングはどんどん生まれていくと思います。

グロースハック自体は概念で、グロースハッカーは、マーケターとエンジニアとデザイナーをうまくまとめるマネージャーでありながら、分析や開発に携わる、会社あたらしいポジションになると考えています。

 

SNSでもご購読できます。